フェイクトソニック | ペン回しの空間

ペン回しの空間 -space of penspinning-

フェイクトソニック

フェイクトソニックの解説ページです。

フェイクトソニック
FakedSonic

単/コ 単体技
系統 ソニック
軌道式 Charge 43-43
回転数 1.0
構成技 フェイクトソニック
応用例 スリップトインフィニティ
ソニックのように軸移動せず、2本の指で挟んだまま回転させる技です。そのためフェイクト(faked)の接頭辞がつけられています。海外ではCharge(チャージ)と呼ばれています。
ソニックと同様のペンの持ち方をし、親指のストッパーを離した後に中指と薬指を交互に前後に動かす感じです。最初は腕を大きく動かして遠心力を利用したり、逆手の補助を付けてペンを回して感覚を掴むといいでしょう。動画では4回連続でやっています。
最終更新日 2012-11-15

go to top